17:09 2017年03月24日
東京+ 11°C
モスクワ+ 5°C
    トルコのエルドガン大統領

    エルドアン大統領のロシア訪問の日付決まる

    © AP Photo/ Burhan Ozbilici
    中東
    短縮 URL
    1875192

    トルコのエルドアン大統領は、8月9日サンクトペテルブルクを訪れる。トルコのメフメト・シムシェッキ副首相がロシアのアルカジー・ドヴォルコヴィッチ副首相との会談中にそう発言した。

    Аэропорт Шереметьево
    © Sputnik/ Natalia Seliverstova
    シムシェッキ副首相は、2国間関係をできる限り早く正常化することがロシアとトルコには不可欠だと述べた。

    ドヴォルコヴィッチ副首相は一方、SU-24撃墜の件に対するトルコからの謝罪は、トルコとロシアの関係を回復する基礎を作ったと指摘した。ドヴォルコヴィッチ副首相は次のように発言した。

    「我われは建設的な対話の準備ができている。我われの会談のあと、閣僚級会談がある。我われは2国間関係の回復は段階的でないといけないと考えている。我われは1歩1歩貿易・経済分野での相互行動の氷を溶かしていかなければいけない。」

    先にフランス24のインタビューで報じられたところによると、エルドアン大統領は8月中旬にプーチン大統領と会談する希望だ。

    タグ
    トルコ, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • unimaro unimaro
      次回の、トルコでのCIAの計画発動は8月9日になりました。飛行機が飛行場を飛び立った瞬間から始まります。
      飛行機は爆破される?ミサイルで撃墜?所属不明の某アメリカ軍戦闘機によって撃墜?所属不明の黒海に展開するNATO軍の軍艦からのミサイル攻撃にあい撃墜?
      トルコ国内では正体不明のアメリカ海兵隊による「軍の無害化」、正体不明のSASによる警察の無害化、によって、僅かな人数の自称トルコ人たちによる国会などの掌握が可能となり、、、
      なんてねw
    新しいコメントを読む (0)