02:45 2020年07月12日
中東
短縮 URL
6145
でフォローする

英国の俳優で、大ヒット映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」にも出演したマイケル・エンライト氏は、テロ・グループ「ダーイシュ(IS, イスラム国)」の戦闘員らと戦うためクルド人部隊に加わった。

​シリア領内での戦闘行動に、彼はすでにひと月、参加している。

Reflexが伝えたところでは、エンライト氏がシリア入りしたのは、今回が初めてではなく、2015年にも同地を訪れている。エンライト氏は、日本のフリーランスジャーナリスト後藤健二氏がダーイシュの戦闘員に斬首されるビデオを見て、テロリストらとの戦いに加わる決心をしたという。

エンライト氏は、他の人々にも、武器をとり、クルド人義勇兵らを助けるよう活発に求めている。

関連:

日本でテロが拡散する恐れはあるか?
ダーイシュ(IS)はアジア諸国の安全保障を脅かす―防衛研究所
トルコで「ダーイシュ(IS)」参加を試みた日本人拘束
タグ
映画, シリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント