02:54 2020年05月30日
中東
短縮 URL
3022
でフォローする

スカイニュースがアサドの政権軍側についてシリアでロシアが行う軍事作戦に傭兵として参加していると語るロシア人とのインタビューを公開した。

アレクサンドルおよびドミートリイを名乗る男性が、民間企業「ワグネル」に雇われ、軍用輸送機でシリアに送られ、月3000英ポンドで戦いに参加した、と述べた。

ロシア傭兵500-600人が死亡しており、少なくとも50人の元傭兵が「身分証なしでモスクワの街を歩いている」とも。

しかし、ロシアのテレビチャンネルNTVは、スカイニュースのこのインタビューの信憑性を否定した。

NTVによると、スカイニュースの撮影クルー数人が数ヶ月前にロシアを訪れ秘密の「ワグネル部隊」参加者を探したが見つからず、地元の俳優を使うことを決めた。そこでモスクワの劇場スタジオ所属俳優オレグ・ブダンコフ氏が選ばれた。

「仕事」の報酬で俳優は10万ルーブルを支払われた。撮影に同意した理由は、「誰もが簡単に稼げるお金を探している」と説明された。

氏はNTVにインタビューの録音音声を提出した。これが「存在しないシリアのロシア傭兵について話す暗いシルエット」の正体が自分であることの証拠だという。

先に伝えられたところによると、トルコの国境警備隊がシリアで負傷した米諜報員を助けた

関連:

ロシア政治家:シリアの「ロシア人を殺せ」との呼びかけは米国政策の二重性を証明
普通のマフィアと戦うようにダーイシュとも戦う時が来た?
タグ
シリア, 英国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント