09:40 2020年04月08日
中東
短縮 URL
3450
でフォローする

ロシアの行動がNATOによるシリア領内への624発の巡航ミサイル発射を阻止した。ロシアのセルゲイ・ショイグ国防相が報じた。

TU-22M3
© 写真 : Ministry of defence of the Russian Federation
ショイグ国防省は次のように述べた。

「あなたが次のように自分に問いかけるとき、シリアへの関係に関する状況は変わる。我われの大統領(プーチン大統領)が説得し、化学兵器の廃棄処分というアイデアを実現するのに成功しなかったら、何が起こっていたか。巡航ミサイル-念のためにいうと624発の-のことだけを言うと、巡航ミサイルはシリア中に大規模な爆撃を加える準備があった」

ショイグ国防相は、これほど大規模な爆撃が加えられた際には、シリアの国家機構の再建は極めて難しかっただろうと付け加えた。

関連:

トルコ、ロシアの要請でシリア国境を封鎖する可能性あり
ロシア軍、シリア領内のIS拠点に空爆(動画)
英スカイニュース、俳優を「シリアのロシア傭兵」と偽る(動画)
タグ
米国, ロシア, シリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント