22:40 2020年01月22日
中東
短縮 URL
1281
でフォローする

ロシアのスホイ34が、イランの基地から飛び立ちISの陣地を空爆した。

水曜日、ロシア国防省が伝えたところでは、イラン領内のハマダン空軍基地から飛び立ったロシアのスホイ34爆撃機が、シリア東部のデリゾール(ダイルアッザウル)県にあるテロ組織「ダーイシュ(IS,イスラム国)」の施設を空爆した。

発表の中では、次のように述べられている-

「今日、8月17日ロシアの爆撃機スホイ34は、イラン領内にあるハマダン基地からグループで離陸し、デリゾール県にあるテログループ『ダーイシュ』の複数の施設に空から攻撃を加えた。ロシア軍機は、航空破砕爆弾OFAB-500を搭載していた。」

空爆の結果、デリゾール近郊にある司令ポイント2か所及び巨大なテロリスト野外訓練施設が破壊され、外国人雇い兵を含め150人以上の戦闘員が殲滅された。

先に伝えられたところによると、イランの空軍基地から離陸したロシアの爆撃機がシリアにあるダーイシュ施設を爆撃した

関連:

米国防総省 イラン軍基地からのロシア航空宇宙軍機による空爆をコメント
イランには新たな原発が10機必要
タグ
ダーイシュ, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント