19:42 2019年07月20日
米国防総省が認める、シリアでロシアとのチャンネルが効果を発揮

米国防総省が認める、シリアでロシアとのチャンネルが効果を発揮

© Sputnik / Dmitriy Vinogradov
中東
短縮 URL
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
180

米国防総省のピーター・クック公式報道官は、シリアに関して先週、ハサカ地区の状況ではロシアとの通信チャンネルが「効果的に働いた」と語った。

「ダーイシュ(IS、イスラム国)」と戦う米国主導の国際有志連合は特務部隊を援護するため、ハサカ地区に軍用機を差し向けた。軍用機が向かった先はシリア軍が空爆を行なう地区の近くだったが、軍用機が到着したときにはシリア軍のスホイ24機はすでにその場を飛び立っていたため、衝突は起きなかった。

「我々はロシアを通じて自分たちの憂慮を伝えた。このチャンネルは効果的に機能したと考えている。」「(米国は)ISと戦う自国の軍を守る。」クック報道官はこう語っている。

これまでの報道によればシリア空軍機はハサカ知己にいるクルド人の拠点を空爆。こうした事態は過去5年で初めて。

シリア政府軍司令部はこれについて街を占領しようとする試みに対する報復と説明している。

トピック
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)

関連:

露国防大臣、シリアになぜロシア基地が必要かを説明
シリアのダーイシュ施設空爆の様子映した動画ネットに公開
タグ
米国, ロシア, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント