04:38 2020年09月27日
中東
短縮 URL
0 280
でフォローする

シリアのアレッポでロシアが空爆を行った結果、テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」のナンバー2とみられていた野戦司令官のアブ・ムハンマド・アル・アドナニを含む約40人からなる戦闘員のグループが一掃された。ロシア国防省が発表した。

ロシア国防省によると、戦闘員を攻撃したのはロシアの爆撃機スホイ34型機で、アレッポのマアラタト・ウンム・ハウシ地区で8月30日に行われた。

国防省は、「アブ・ムハンマド・アル・アドナニは、ダーイシュの指導者アブ・バクル・アル・バグダディに次ぐダーイシュのナンバー2とみられており、西ヨーロッパ諸国と米国でのテロ実施を呼びかけたことでも知られていた」と伝えた。

先に伝えられたところによると、ダーイシュ(イスラム国、IS)の報道官アブ・モハメド・アドナニ容疑者がシリア・アレッポで死亡した

関連:

ダーイシュから逃げ出した元性奴隷の女性、拷問の恐怖を語る
シリアのダーイシュ施設空爆の様子映した動画ネットに公開
タグ
ロシア軍, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント