02:35 2020年11月25日
中東
短縮 URL
0 314
でフォローする

21日、シリア政府軍の軍用機がダマスカスの北部で大破。大破が撃墜によるものか、軍用機に技術的な不具合が生じたためか、原因は現段階では不明。シリア状況を見守るモニタリング団体「ヒューマン・ライツ」が明らかにした。

軍用機が墜落したのはダマスカス近郊の東カラムン地区。パイロットの生死も明らかされていない。

一方で国際テロ組織「ダーイシュ(IS,イスラム国)」はサイト上で同機を撃墜したと宣言している。

先に伝えられたところによりますと、シリアで人道援助輸送隊が銃撃された

関連:

国連 シリアで人道援助輸送隊銃撃され多くの死者
ザハロワ報道官 シリアでの米国政府の血塗られた実験の数々を語る
シリア軍司令部 ゴランでのイスラエル空軍機撃墜を正式に確認
タグ
シリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント