06:07 2018年11月13日
シリアのアレッポ

ハッサジェク攻撃への米国の関与に関する証言が挙がる

© Sputnik / Michael Alaeddin
中東
短縮 URL
2191

アレッポ郊外のハッサジェク攻撃を行ったベルギー空軍の航空機は米国の照準装置を使用して任務を実行した。軍部内の情報筋が述べた。

米軍司令部は中東での有志連合の航空作戦のほとんどを制御している。フランスを除く欧州諸国の軍隊は現地に制御や偵察のための十分な資材がないからである。

ベルギー軍指導部は正式にハッサジェク攻撃への関与を否認しており、ロシアは情報を歪曲しているとして非難の声を上げている。

関連:

アレッポのテロリストが人道回廊に攻撃
イタリア、ロシアとの対テロ共同戦線の強化に意欲
タグ
ベルギー, 米国, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント