21:20 2018年11月14日
国連のデミストゥラ・シリア問題特使

国連シリア特別代表、アレッポのロシア野戦病院攻撃にコメント

© AP Photo / Bebeto Matthews
中東
短縮 URL
0 34

アレッポで武装戦闘員の攻撃を受けたロシアの移動式野戦病院は都市住民に医療処置を施す避難所の役割も果たすはずのものだった。スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表が明らかにした。

デミストゥラ特別代表はシリアに関する国連安保理の非公開会議の終了後、次のような声明を表している。

「あなた方は恐らく知らないだろうが、この施設(ロシアの移動式野戦病院)は医療目的での避難所として用いられるはずのもので、それについての交渉をあの日、我々は行なっていた。これにどれだけのショックをうけたか、おわかりだろう。」

関連:

ロシア:アレッポの診療所砲撃は意図的な殺人(動画)
シリアのフメイミム空軍基地はチェチェン特殊部隊が防衛ーマスコミ
タグ
国連, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント