15:16 2017年09月22日
東京+ 24°C
モスクワ+ 8°C
    セルゲイ・ラヴロフ外相

    ラブロフ外相、米国はアサド転覆にヌスラ戦線を可愛がっている疑い

    © Sputnik/ Ramil Sitdikov
    中東
    短縮 URL
    1811191

    ラブロフ外相はバクダッドでの記者会見で、米国はシリアのアサド政権転覆に利用するために「ヌスラ戦線」を庇っていることを裏付ける根拠が残っていると語った。

    「地上で(シリア)政府に攻撃を行うためのより効果的な戦闘勢力として、また機が満ちた時にシリアの合法政権の転覆に利用しようと、これ(ヌスラ戦線)が庇われ、庇われ続けていると思わせる根拠が少なからず見つかった。」ラブロフ外相はこう語った。

    ラブロフ外相は、イラクから流れ込む「ダーイシュ(IS、イスラム国)」らはおそらくモスラからのものと思われること、また連合軍の空軍が警備する領域に補足的に進軍していることを指摘し、「これは、アレッポの東部に根拠を構え、十分な数の民間人を『人間の盾』として拘束するならず者らに一息つかせるために編成組織された」のだろうと疑わざるを得ないと語った。

    先に伝えられたところでは、シリア軍はアレッポの96%を掌握した

    関連:

    米国率いる有志連合、ダーイシュ(IS)をシリアからイラクへ撤退させた可能性ありー専門家
    ケリー国務長官、停戦措置に着手するようシリア反体制派に呼びかけ
    タグ
    セルゲイ・ラブロフ, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント