09:06 2017年09月23日
東京+ 18°C
モスクワ+ 8°C
    シリア武装勢力、アスタナでの和平協議への参加に最後通告

    シリア武装勢力、アスタナでの和平協議への参加に最後通告

    © Sputnik/ Ali Hassan
    中東
    短縮 URL
    0 63710

    シリアの武装反体制派はトルコのアンカラで声明を表し、シリア南部及びダマスカスにおいて1月13日から10日間にわたって開始する休戦の最後通告を突きつけた。武装勢力との会談に列席していた運動体「民間外交」のマフムード・アル・アファンンディ事務局長が明らかにした。

    アファンディ氏によれば、「シリア北部を制圧する勢力はシリアの一連の地区、ダマスカス、東グータにおける休戦樹立に関して最後通告を突きつけた。休戦が遵守された後、この勢力はアスタナの会議への参加者名簿を作成する。休戦のプロセスは国際査察団をはじめとするオブザーバーによって監視される。」

    先に伝えられたところ、販売のため臓器をすべて引き抜かれてぼろ雑巾のような姿になった夫の遺体が、妻であるアレッポの女性のもとに戻された。

    関連:

    シリア・アレッポ住民「町の解放により生活を取り戻せた」
    シリア的捏造:誰が、いかに、何のためにシリア紛争について偽情報を流しているのか?
    タグ
    トルコ, シリア, 中東
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント