07:04 2018年07月17日
IKEAがシリア難民を雇用へ 生産品は2019年から販売開始

IKEAがシリア難民を雇用へ 生産品は2019年から販売開始

© Sputnik / Yuri Streletc
中東
短縮 URL
136

スウェーデン発祥の世界最大の家具量販店「IKEA」が現在ヨルダンに暮らすおよそ200人のシリア人難民を雇用する計画を発表した。IKEAはシリア人難民らをカーペットやテキスタイル製品の生産連鎖過程に組み込もうとしている。

31日のCNNテレビの報道によれば、難民らによる製品は2019年から数量限定で開始される。

IKEAの幹部のひとり、ヨスペル・ブロディン氏はCNNからのインタビューに「シリアの状況は現代の最大級の悲劇だ。ヨルダンはシリア人難民を引き受ける責任を負った。我々はささやかな貢献を行なう方法を検討することを決めた」と語った。

ブロディン氏によればシリア難民の手による製品はヨルダンと販売契約を結ぶ中東諸国での販売を計画している。IKEAは被雇用者の大半は女性になるとし、労働スケジュールについては柔軟なパターンを組むことを約束している。

国連の発表では現在ヨルダンに居住するシリア人難民は65万5千人以上に達している。

タグ
移民, ヨルダン, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント