17:01 2018年01月23日
東京+ 9°C
モスクワ-10°C
    「ダーイシュ(IS)」 同じ信仰を持つスンニ派のアラブ女性にも性的暴行

    「ダーイシュ(IS)」 同じ信仰を持つスンニ派のアラブ女性にも性的暴行

    © AP Photo/ Hassan Ammar
    中東
    短縮 URL
    0 29

    20日、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)は、イスラム過激派組織「ダーイシュ(イスラム国、IS)」の戦闘員らは、異教徒の少数派ヤジディー(Yazidi)教徒の女性ばかりでなく、自分達と同じイスラム教スンニ派の女性に対しても、同様に性的暴行や拷問、強制結婚を行っていると報告した。時事通信がAFPの報道を引用して伝えた。

    これは、今も「ダーイシュ」の支配下にあるキルクーク州ハウィジャを脱出した女性達への聞き取り調査により明らかになったものだ。

    HRW中東担当部門のラマ・ファキ副部長は、「ダーイシュ」の支配地域に住むイスラム教スンニ派のアラブ女性に対する性的虐待について、次のように指摘した-

    「犠牲者が名乗り出ることを困難にしている不名誉なレッテル貼りのせいで、ほとんど知られていない。国際社会と地元当局ができるすべての事を行い、被害者たちに必要な援助を与えなくてはならない。」

    タグ
    ISIS
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント