01:33 2019年12月10日
中東
短縮 URL
1173
でフォローする

最新鋭システムは操作者とドローン間の信号を妨害するだけでなく、ドローンの操作を乗っ取ることすらできる。

スプートニク日本

イラン、国産戦車を披露し、量産開始
© AP Photo / Iranian Defense Ministry
イランは対ドローン新型兵器展開を始めた。これは普通のライフルに似た形状の電波妨害装置だ。イランが主張するには、発信機からの信号を妨害してドローンを操作不能にするだけでなく、操作者を襲うよう再プログラミングすることすら可能。米ワシントン・ポストが報じた

イランは、兵器がすべての実験をクリアし、効果性を証明したと主張。同兵器はモスルで大量に使用されている米国のドローンに対して効果的に用いることができる。

タグ
武器・兵器, イラン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント