22:22 2018年04月23日
東京+ 15°C
モスクワ+ 7°C
    シリアで若きロシア人兵士が死亡と明らかに

    シリアで若きロシア人兵士が死亡と明らかに

    © AFP 2018 / Ekaterina Lyzlova
    中東
    短縮 URL
    0 313

    5月3日、ロシア・イルクーツク州のブラーツク市で、シリアで戦死したボグダン・デレヴィツキーさん(24)の葬儀が行われる。死亡の正式な確認はない。同日、シリア軍部隊への過激派組織の戦闘員による攻撃の際に死亡した軍事顧問、アレクセイ・ブチェリニコフさんの葬儀も行われる。スプートニクが、故人の知り合いを基に報じる。

    スプートニク日本

    デレヴィツキーさんが死亡した状況はわかっていない。デレヴィツキーさんは専門学校を卒業後、軍に徴兵され、徴兵期間を終えてからも契約兵として軍に残った。契約に則って、デレヴィツキーさんはシリアへ向かった。

    ブラーツクには、デレヴィツキーの妻子が残された。葬儀は、軍葬の礼をもって執り行われるということだ。

    ブチェリニコフさんの死について、ロシア国防省は2日に発表。ブチェリニコフさんは軍事顧問として、シリア軍の砲兵部隊の要員の訓練に当たっていた。部隊が軍事訓練を行っていた時に、部隊がスナイパーに狙撃された。ブチェリニコフさんは致命傷を負い、殉死して国家勲章を与えられた、ブチェリニコフの知り合いはスプートニクに、「今日が葬式だ」として、ブチェリニコフさんはエカテリンブルクに埋葬されると述べた。

    ロシア国防省によると、シリアでは30人ほどのロシアの兵士が死亡。ロイターによると一方、公式の統計は0.25倍に引き下げられているが、同省はこの情報を否定している。

    タグ
    ロシア, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント