07:19 2018年09月25日
国連 シリアに関する米国務省の報告書の情報を確認せず

国連 米国務省のシリア報告書の実態確認に難航

© Flickr/ United Nations Photo
中東
短縮 URL
127

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は、先に米国務省が広めたシリアのセドナヤ刑務所に収容者の遺体を処分する火葬場があるとする情報を確認することができない。16日、OHCHRのラビーナ・シャムダサニ報道官が、ジュネーブで開かれたブリーフィングで明らかにした。

スプートニク日本

報道官は、記者団からの質問に答え「火葬場に関する報道だが、我々はまだその存在、および状況について確認できる状況にはない」と述べた。

米国務省は15日、シリアのセドナヤ刑務所で毎日収容者50人が殺害され、その遺体は、犯罪の痕跡を隠すために特別に建設された火葬場で焼却されているとの主張を発表した。

なおシリアは、米国の主張は現実と異なっていると指摘した。SANA通信が報じた。

SANA通信の消息筋は「シリア政府はこの非難について、その政権とその手先のファンタジーの賜物にすぎないと指摘している」と述べた。

先の報道によると、ポータルDefense Newsは、イスラエルのImageSat International社の衛星画像は、少なくとも1機のロシアの早期警戒管制機A-50がシリアに戻ったことを示していると伝えた

タグ
国連, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント