01:40 2019年06月25日
「ダーイシュ(IS)」 イラク軍によってほぼ解放されたモスルから本部を移動

「ダーイシュ(IS)」 イラク軍によってほぼ解放されたモスルから本部を移動

© Sputnik / Rafael Daminov
中東
短縮 URL
0 71

テロ組織「ダーイシュ(IS)」は、イラク軍と義勇軍の攻撃を受け、本部を人口100万人の都市モスル中心部から南に170キロのキルクーク 県ハウィジャへ移した。キルクーク 県の治安機関筋が、リア・ノーヴォスチ通信に伝えた。

スプートニク日本

キルクーク 県西部にあるハウィジャは、2014年から「ダーイシュ」に支配されている。「ダーイシュ」に占拠される前の人口は約50万人だった。
消息筋は「ダーイシュの幹部全員が、キルクーク市から西に55キロ離れたハウィジャにモスルから移った。モスル旧市街でまもなく組織が崩壊するのを考慮して、本部がハウィジャに移された」と語った。

先の報道によると、イラク連邦警察は国際テロ組織「ダーイシュ(IS,イスラム国)」の首領のアブ・バクラ・アル・バグダディの第1の側近とされるアブ・アブドゥラフマンを殲滅した

タグ
ISIS, シリア, イラク
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント