20:39 2017年10月23日
東京+ 18°C
モスクワ+ 1°C
    シリア北部ラッカ、5月12日(アーカイブ写真)

    米主導有志連合の空爆 民間人43人が犠牲に

    © REUTERS/ Rodi Said
    中東
    短縮 URL
    1417111

    米軍主導の有志連合がシリア北部ラッカに空爆し、少なくとも43人の民間人が死亡。シリア国営テレビが目撃者の証言をもとに報じた。

    スプートニク日本

    現地の情報筋によると、有志連合の機体が民間人のいた建物を攻撃。犠牲者の大多数は女性と子供となった。

    シリアや米国側からの公式のコメントは今のところ入っていない。

    この前、米軍は2日、米軍主導の有志連合が国際テロ組織「ダーイシュ(IS)」掃討のため2014年に開始したイラクやシリアでの空爆によって死亡した市民の総数が今年4月末時点で少なくとも484人にまで達すると明らかにした

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント