04:01 2018年09月24日
イランの旗

イラン カタールとペルシャ湾諸国に対話を呼びかけ

© AP Photo / Ronald Zak
中東
短縮 URL
0 92

イラン政権はカタールとペルシャ湾岸諸国に対して対話を樹立するよう呼びかけた。AFP通信が報じた。

スプートニク日本

イラン大統領府のハミド・アブタレビ政治局次長はペルシャ湾岸諸国がカタールに国交断絶を宣言したことについてコメントを表し、「今起きていることは『夢と踊るダンス』の最初の成果だ」と語った。アブタレビ政治局次長はカタールをめぐる外交危機の土壌はトランプ大統領のサウジアラビア訪問の際にすでに準備が整えられていたとの見方を示している。インディペンデント紙が報じた。

5日、バーレーン、サウジアラビア、エジプト、アラブ首長国連邦、はモルジブ、イエメンとリビアが相次いでカタールとの国交断絶を宣言した。

カタール外務省はこうした決定は不当なものとの声明を表している。

先ほど、サウジの専門家はカタールが米国あるいはロシアに仲介を頼むべきだと述べた。

タグ
戦争・紛争・対立・外交, イラン, 中東
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント