03:06 2017年10月21日
東京+ 15°C
モスクワ+ 5°C
    テヘラン襲撃テロ イラン「サウジが関与」と非難

    テヘラン襲撃テロ イラン「サウジが関与」と非難

    © AP Photo/ Fars News Agency, Omid Vahabzadeh
    中東
    短縮 URL
    4418113

    イラン首都テヘランで起きたテロ事件について、同国革命防衛隊がサウジアラビアを非難した。ロイターが報じた。

    スプートニク日本

    防衛隊副隊長は、トランプ大統領のサウジアラビア訪問と首脳会議に言及して、「このテロは、テロを支持している逆行的指導者と米大統領の会談のわずか1週間後に起きた。『ダーイシュ』(イスラム国、IS)が犯行声明を出したという事実は、彼らがこの残虐な襲撃に関与していたことを証明する」と述べた。

    副隊長は、イランが「テロリストと、それに関係し、支持する者」へ、テヘランでの襲撃に対して報復すると約束。

    ロイターは地元メディアの情報として、テヘランの警察当局はすでに、襲撃に関与した疑いのある5人を拘束したと報道した。

    7日午前、武装したテロ集団がイランの国会議事堂と、初代最高指導者故ホメイニ師をまつる廟を同時に襲撃した。

    タグ
    テロ, ISIS, サウジアラビア, イラン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント