19:06 2018年09月22日
テヘランテロ犯は、シリアでテロ活動をしていた

テヘランテロ犯は、シリアでテロ活動をしていた

© AFP 2018 / Fars News/Hossein Mersadi
中東
短縮 URL
107

7日に起きたイラン首都テヘランのテロを受けて同国治安当局が逮捕したテロリストは、過激派組織『ダーイシュ』(イスラム国、IS)が活動しているシリアのラッカやイラクのモスルでテロ活動を行っていた。イラン保安庁が発表した。

スプートニク日本

テヘラン襲撃テロ イラン「サウジが関与」と非難
© AP Photo / Fars News Agency, Omid Vahabzadeh
スプートニクが入手した発表には、「逮捕されたテロリスト5人は以前、イランから去りラッカやモスルでテロリズムを行っていた。5人は昨年、アブ・アイシャと自称する指導者の指示の下、イランの聖地でテロを実行するため帰国した」とある。

発表には「治安部隊はアブ・アイシャを殺害。怯えた他のメンバーはイランから逃亡したが、一部は帰国し、昨日の襲撃を実行した」とある。

テロリストを援助し、任務に送っていた女もまた拘束された。

7日午前、武装したテロ集団がイランの国会議事堂と、初代最高指導者故ホメイニ師をまつる廟を同時に襲撃した。

タグ
テロ, イラン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント