09:09 2017年06月25日
東京+ 22°C
モスクワ+ 10°C
    シリア【アーカイブ写真】

    シリア軍の無人機を有志連合が撃墜 マスコミ報道

    © REUTERS/ Khalil Ashawi
    中東
    短縮 URL
    0 327312

    米国主導の有志連合はシリアの無人機を撃墜した。スカイニュース・アラビアが報じた。

    スプートニク日本

    有志連合が撃墜した無人機はイラン製のシャヘド129.無人機はアトタンフ付近のシリア空軍に所属していた。

    無人機は弾道装填を搭載していたものの、撃墜による爆発は生じなかった。シャヘド129の飛行距離は最高2キロ。空対地クラスのミサイルを4基搭載できる。無人機は地上の標的は動きのあるものもないものも狙うことができる。

    米国の2人の役人はCNNテレビに対し、米軍のF-15Eが19日、安全地帯の境界線から55キロ離れた地点で無人機を撃墜したことを明らかにした。役人のうち1人は無人機は「脅威の対象としてとらえられた」と語っている。

    タグ
    米国, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント