03:24 2018年09月25日
モスルを巡る闘い

モスルを巡る闘いの結果

© REUTERS / Alaa Al-Marjani
中東
短縮 URL
0 140

イラク治安部隊筋は、同国モスルがダーイシュ(イスラム国、IS)から完全に開放されたと述べた。スプートニクが報じた。

スプートニク日本

情報筋によると、イラク軍のテロ対策部隊(CTS)の副司令官、アブドゥル・ワッハブ・サイディ中将が9日、旧市街にある過激派最後の隠れ家にイラクの国旗を立てた。これは、モスル西岸の完全開放を意味する。

イラク連邦警察のジャウダット司令官はスプートニクに対し、モスル奪還作戦開始から死亡した過激派は2044人で、うち58人はスナイパーだと伝えた。さらに、85台の車が破壊され、うち20台は爆薬が詰められていた。さらに24台のバイクを破壊。ほか、5本の通信塔や8本の地下トンネルが破壊された。

3年以上ダーイシュによって支配されていたモスルの奪還作戦は去年10月にスタート。今年6月にはイラク軍の司令部が、モスル旧市街にある過激派最後の拠点への攻撃開始を発表した。

タグ
モスル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント