03:03 2018年02月19日
東京+ 2°C
モスクワ-3°C
    モスル解放後、ダーイシュへ空爆強化 ラッカ奪還で有志連合 「激しさを増やす」

    モスル解放後、ダーイシュへ空爆強化 ラッカ奪還で有志連合 「激しさを増やす」

    © REUTERS/ Goran Tomasevic
    中東
    短縮 URL
    0 25

    国際テロ組織「ダーイシュ」(イスラム国、IS) 掃討で有志連合を率いるタウンゼンド米軍中将は11日の記者会見で、ISが「首都」と称するシリア北部ラッカの奪還作戦を加速させるため、空爆や情報収集・警戒監視・偵察(ISR)の強化を検討していると発表した。

    スプートニク日本

    先にイラク治安部隊筋は、同国モスルがダーイシュから完全に開放されたと述べた。それを受け、ラッカ奪還が最優先になったとした。ISと戦う民兵組織「シリア民主軍」(SDF)と共に早期の奪還実現を目指すが、ISの抵抗は激しさを増しているとして「容易な戦いではない」と語った。

    共同通信によると、タウンゼンド氏はモスル解放後も掃討作戦が「終わりには程遠い」と強調し、駐留米軍の規模は当面縮小しないとの見方を表明。「イラク政府はIS壊滅後も米軍や有志連合部隊の駐留継続に関心を示している。米政府や有志連合に参加する複数の国の政府も同様だ」と語り、米軍などがイラクにとどまる可能性が高いと指摘した。

    タグ
    ISIS, シリア, イラク, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント