08:37 2018年09月23日
アサド氏の長男「シリアでの恐怖はすべて目にしている」

アサド氏の長男「シリアでの恐怖はすべて目にしている」

© AFP 2018 / Louai Beshara
中東
短縮 URL
291

シリアのアサド大統領の長男ハフェズさんが、自国で起きている恐ろしい出来事はすべて自分で目にしていると発言した。ブラジルの新聞「オ・グロボ」が伝えた。

スプートニク日本

「私はシリアで暮らす中で、自分の国で起きていることの恐ろしさをすべて目にしている。国民と政府は侵略者と戦うため団結している」と、15歳のハフェズさんは同紙に話した。ハフェズさんは数学オリンピックに参加するためリオデジャネイロを訪れている。

ハフェズさんは、自らの父親が独裁者と呼ばれたときどう感じるか、との記者の質問に対して「私は父が思いやりのある人だと分かっている。人々は大統領として(の父について-編集部注)いろいろなことを言うが、多くの人は分かっていない。あの(人たちが言っている-編集部注)ことは現実を反映していない」と答えた。

タグ
バッシャール・アル=アサド, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント