04:42 2018年09月23日
カタール

ペルシャ湾願諸国、カタールへの要求を削減する

© Sputnik / Abdulkader Khadzh
中東
短縮 URL
カタールをめぐる外交スキャンダル (52)
342

サウジアラビア、アラブ首長国連合、バーレーン、エジプトは、カタールへの要求を削減し、具体的な期限を設けることなく、要求の実行を呼びかけた。ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。

スプートニク日本

同紙によると、アラブ諸国は詳細な要求13件に代わり、6つの基本的な「原則」を形成した。
サウジアラビアの国連代表者アブダラ・アル・モウアリミ氏は「もちろん我々は皆、歩み寄りを支持しているが、この6つの原則に関しては妥協はない」と述べた。ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。

新たな要求リストには、「アルジャジーラ」のすべての衛星テレビネットワークの閉鎖や、イスラム組織の全メンバーのカタールからの一刻も早い退去などが含まれていない。

今回アラブ諸国は、新たな「原則」の履行期限を設けず、これはより広範な性格を有していると強調した。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、カタールの代表者は、国際社会からの圧力の下、アラブ諸国は面子を保つためにこのような行動に出たが、地域の国々の仲介役の助けを借りて紛争を解決することで合意したと発表した。

6月5日、バーレーン、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、エジプト、イエメン、リビア暫定政府、モルディブ、モーリシャスは、カタールの首長がテロや過激思想を支持しているとして、カタールとの断交を発表した。サウジアラビアはカタールへの陸上輸出を禁止し、国境を閉鎖。一方でカタールは外交関係を断絶したアラブ諸国の決定に遺憾の意を示し、その行為を不当だと述べた。

カタールはアラブ近隣国からの非難を退けて、最初に提示された要求は非現実的で実行できないと発表した。

トピック
カタールをめぐる外交スキャンダル (52)
タグ
国交断絶, 戦争・紛争・対立・外交, カタール, 中東
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント