01:58 2017年12月12日
東京+ 8°C
モスクワ+ 2°C
    カタール

    アラブ諸国が米提案に応えれば対話の用意=カタール外相

    © REUTERS/ Naseem Zeitoon
    中東
    短縮 URL
    カタールをめぐる外交スキャンダル (51)
    0 40

    カタールに要求を突きつけたアラブ諸国が断交問題解決についての米国の提案に応えるなら、カタールには協議の日時と場所を話し合う用意がある。カタールのムハンマド外相が発表した。

    スプートニク日本

    これに先立ちティラーソン米国務長官は中東諸国を歴訪。カタール首都ドーハで協議を行ったあとサウジアラビアで、カタールと国交断行したアラブ首長国連邦(UAE)、エジプト、バーレーンが参加する会議に出席。その後はカタールを再訪し、同国首長と会談した。

    歴訪後ティラーソン氏は、問題解決に向けた仲介役を務めるクウェートを米国は支持するが、いかに情勢を解決すべきか、米国は自国の見解を提案できるだろうと述べた。

    ムハンマド外相はクウェートの仲介や、露米からの仲介支援の重要性を強く主張した。ムハンマド氏によると、近日中に「断絶を行った諸国へ圧力がかけられる可能性」がある。どのような圧力がかけられるかは、明らかになっていない。

    これより前、ティラーソン米国務長官は11日、カタールの首都ドーハでムハンマド外相と会談し、国交回復に向け協力することで一致した。またムハンマド氏とテロとの共闘を誓う覚書を交わした。

    関連記事

    アラブ首長国連邦、カタール首長の演説を批判

    カタール 危機を誘引した諸国との対話開始の条件を示す

    トピック
    カタールをめぐる外交スキャンダル (51)
    タグ
    戦争・紛争・対立・外交, 国交断絶, カタール, 中東
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント