10:24 2017年09月21日
東京+ 25°C
モスクワ+ 8°C
    ロシア軍 シリアの「ダーイシュ(IS)」戦争大臣を殺害

    ロシア軍 シリアの「ダーイシュ(IS)」戦争大臣を殺害

    © Sputnik/ Dmitriy Vinogradov
    中東
    短縮 URL
    32510361

    ロシア航空宇宙軍がシリアのデイル・エズ・ゾル市にあるテロ集団「ダーイシュ(IS、イスラム国)」の司令所を空爆し、の「戦争大臣」と呼ばれるグルモロド・ハリモフが死亡した。ロシア国防省が明らかにした。

    スプートニク日本

    ハリモフを含む4人の地上司令官は司令所で協議を行っていたところ、攻撃を受けて死亡した。死亡者の中には「デイル・エズ・ゾルのアミール」と呼ばれ、「ダーイシュ」各拠点で訓練済みの徴募兵の派遣・任命や財政を担当していたアブ・ムハンマド・アシ=シマリもいる。この人物についてロシア国防省は「欧州の特殊機関の多くが、2015年11月のパリ同時多発テロを組織した者とみなしていた」と説明。

    グルモロド・ハリモフ
    © Screenshot: Furat Media
    グルモロド・ハリモフ

    ハリモフは旧ソ連時代に特殊部隊で経験を積んだ後、タジキスタンの特殊作戦部隊の司令官となり、大統領親衛隊を務めた。2003年から2008年の期間は、米国の民間軍事会社ブラックウォーター社の施設で3度にわたる特殊訓練も受けていた。2015年5月初めに欠勤するようになり、その数ヵ月後には「ダーイシュ」に加わったことを宣言する動画がインターネットで掲載されていた。

    タグ
    軍事, ロシア軍, ロシア, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント