10:40 2019年11月15日
米空軍による空爆

有志連合軍 「ダーイシュ(IS)」相手の軍事作戦で誤爆により民間人735人が死亡

© AP Photo / Hani Mohammed
中東
短縮 URL
4128
でフォローする

米国主導の有志連合軍は、9月12日から14日にかけてシリアおよびイラクで行った「ダーイシュ(IS)」殲滅の軍事作戦で空爆により民間人50人が死亡したことを認めた。有志連合軍が29日、発表した。

スプートニク日本

有志連合軍がシリアで行ったテロリストに対する軍事作戦では全期間を通じ、誤爆によって少なくとも735人の民間人が犠牲となっている。

今回の発表では9月12日から14日の軍事作戦で「ダーイシュ」の高官3人が殲滅されたことが明らかにされた。

関連のニュース

シリア紛争停止の条件は作られた プーチン大統領

ロシア空軍、イドリブ県でヌスラ戦線の作戦を阻止

露政府 米の「良いテロリストと悪いテロリストを使い分けるゲーム」は遺憾

タグ
ISIS, 米国, イラク, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント