05:21 2017年12月14日
東京+ 3°C
モスクワ+ 2°C
    シリア軍

    シリア軍、デリゾール県最大のダーイシュ拠点に進軍

    © Sputnik/ Mikhail Alaeddin
    中東
    短縮 URL
    4130

    シリア軍はデリゾール県におけるダーイシュ(イスラム国、IS)最大の拠点の1つであるマヤーディーン市に入った。政府軍の准将がスプートニクに伝えた。

    スプートニク日本

    シリア政府軍はマヤーディーン市西部にある市場やアル・ラフバ城、アル・ガリャリ地区をコントロール下に置いた。准将は「軍とテロリストの激しい衝突は、町の南部で進められている。同地では軍がアシュ・シャブリ農場とアル・マドファイイヤ地区を制圧した」と述べた。

    准将によると、軍は民間人が町から逃げるための人道回廊を保障したが、「肉の盾」として使うために戦闘員たちは一部の住民をそばにおいている。

    シリアの国営テレビは、マヤーディーンでの作戦の過程で大量の戦闘員が殲滅されたと報じたが、正確な数字は挙げていない。

    ダーイシュはマヤーディーンで武器や弾薬、イラクとの国境近くにあるアブ・カマル市を通じてイラクからやってくる戦闘員を手に入れている。テロリストの別働隊はマヤーディーンから、デリゾールに近い政府軍に反撃して、パルミラとデリゾールを結ぶ幹線にある軍の拠点を攻撃しようとしている。この幹線はデリゾールの行政センターへのメイン供給ルートだと考えられている。

    関連ニュース

    シリア軍、デリゾールの主要供給ルートへのダーイシュの攻撃を撃退

    シリアでのロシア航空宇宙軍による作戦の2年

    タグ
    ダーイシュ, テロ, 軍事, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント