11:38 2018年07月18日
ダーイシュ

ダーイシュの「白い未亡人」殺害の報道

© AP Photo / Militant Video
中東
短縮 URL
123

テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」に加わり、「白い未亡人」の通称で知られる英国出身のサリー・ジョーンズが米空軍による空爆の際にシリアで殺害された模様だ。英タイムズ紙が英政府関係者の話として伝えている。

スプートニク日本

それによると、ジョーンズは6月にイラクとの国境で殺害された。このとき12歳の息子も死亡したとみられているという。

この関係者は、「サリー・ジョーンズとその息子が死亡したとの情報はおそらく間違いない」と話している。

サリー・ジョーンズは「ウム・フセイン・ブリタニーヤ」「白い未亡人」の名でも知られ、イスラム教に改宗し、移民で夫のジュナイド・フセインの影響でシリアに渡り、そこで2人ともダーイシュに加わった。ジョーンズは自身の息子も連れてシリア北部のラッカに向かったとされる。すでに2015年に夫のフセインは空爆で殺害されている。

タグ
ISIS
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント