14:11 2018年11月15日
ラッカでシリア軍

ラッカ完全解放 ダーイシュ「首都」=メディア

© Sputnik / Hikmet Durgun
中東
短縮 URL
1176

中東の衛生テレビ局アル・アラビーヤが情報筋の話を基に報じるところ、過激派組織「ダーイシュ」(イスラム国、IS)が首都と位置づけるシリア北部ラッカの解放が完了した。

スプートニク日本

情報筋によると、残った戦闘員は武器を置き、シリア民主軍(SDF)に投降した。

ラッカは2013年からダーイシュの支配下にあった。2016年には米軍主導の有志連合が奪還作戦の開始を発表した。

ロシア国防省は13日、ダーイシュの支配地域はシリア領土の8%未満だと発表。ロシア連邦軍参謀本部もまた、シリアでの戦いは事実上終了したと発表した。

関連ニュース

シリアでの対テロ作戦へのロシア参戦2周年 何が達成できたのか?

ロシア国防省 シリア和平プロセスの妨害で米国を非難

タグ
軍事, ダーイシュ, テロ, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント