17:21 2020年08月14日
中東
短縮 URL
145
でフォローする

英国のシリア人権監視団は、テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」のシリア人や外国人幹部らが、この数週間以内にシリア北部ラッカなどから隣国トルコに逃れた情報があると発表した。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

監視団によると、ダーイシュの一部幹部らはラッカや東部デリゾールから、トルコの支援を受けるシリア北部の反体制派の支配地域に逃れたあと、トルコ入りした。検問所の通過など、逃亡を手助けする業者に2万~3万ドル(約230万~340万円)が支払われたとの情報もあるという。また監視団によると、シリア政府軍がデリゾールの9割以上をすでに制圧した。

関連ニュース

露国防省「米国務省が初めてシリア反政府勢力による化学兵器使用を認めた」

「ダーイシュ」の首都制圧により、シリア全土におけるテロリズムに対する勝利が近づいている シリア民主軍

タグ
ISIS, トルコ, シリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント