14:48 2019年06月16日
シリア軍准将「ダーイシュ兵器庫からNATOの最新兵器発見」

シリア軍准将「ダーイシュ兵器庫からNATOの最新兵器発見」

© Sputnik / Mikhail Alaeddin
中東
短縮 URL
1281

シリア東部のマヤーディーンにあった、テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」の兵器貯蔵施設から北大西洋条約機構(NATO)が採用している最新型兵器が複数種見つかったと、シリア軍のハサン・スヘイル准将が記者団に語った。

スプートニク日本

ダーイシュのこの大規模な兵器貯蔵施設は、ロシア航空宇宙軍の支援を受けたシリア軍が接収した。

スヘイル氏は、「ダーイシュが逃走の際残していったこれらの戦利品を、我々がすべて運び出すのに少なくとも6日かかるとみられる。ここには兵器や様々な外国製通信機器が非常に多く残されている」と話した。

マヤーディーンは倉庫など様々な施設が整った兵站上の中心地だった。ダーイシュからの解放後、シリア軍は火器や対戦車兵器、大砲や砲弾、手製の地雷、さらにイラク軍から奪われた戦車や装甲兵員輸送車を接収した。

貯蔵されていた兵器の大半はNATO諸国で採用されているものだ。中には、2011年に英国で製造された155ミリ曲射砲も発見されている。

関連ニュース

ダーイシュ幹部ら トルコへ逃亡か

露国防省「米国務省が初めてシリア反政府勢力による化学兵器使用を認めた」

タグ
ISIS, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント