02:12 2018年10月19日
イドリブ

シリア問題担当露大統領特使、イドリブでの過激派による攻撃の脅威について語る

© AFP 2018 / Omar haj kadour
中東
短縮 URL
シリアへのロシア作戦参加から1年、テロ闘争は今なお続く (74)
0 71

シリア北西部イドリブの緊張緩和地帯(安全地帯)では過激派による攻撃の脅威が残っている。ロシアのアレクサンドル・ラヴレンチエフ・シリア問題担当大統領特使が、RTのインタビューで述べた。ラヴレンチエフ氏によると、ロシアはこのような「否定的なプロセス」を除去するために努力している。

スプートニク日本

露国防省「米国務省が初めてシリア反政府勢力による化学兵器使用を認めた」
© Sputnik / Press-service of the Ministry of Defence of the Russian Federation
同氏はまた、トルコが監視所の設置を完了していないため、イドリブの緊張緩和地帯の状況は今も複雑だと強調し、「したがって、そこでは緊張のレベルがかなり高いままであり、そこに位置する過激派グループによる攻撃の危険性が依然として存在している。だが我々はトルコのパートナーたちがイドリブの緊張緩和地帯に関する自らの義務の一部を遂行し、現地の状況を安定させることに期待している」と述べた。

30日、カザフスタンの首都アスタナでシリアに関する7回目の協議が始まる。ロシア代表団を率いるのはラヴレンチエフ氏。トルコ側は、セダト・オナル外務次官が団長を務め、イラン代表団はフセイン・ジャバリ・アンサリ外務次官が率いる。

また協議には、シリア政府代表団とシリアの反体制派代表団、さらにオブザーバーとして国連、米国、ヨルダンの代表者らが参加する。

関連

シリアでのロシア航空宇宙軍による作戦の2年

米特殊部隊がシリアでゲリラ戦を開始

トピック
シリアへのロシア作戦参加から1年、テロ闘争は今なお続く (74)
タグ
ロシア, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント