06:18 2019年12月09日
ダーイシュがシリア・イラク支配地の95%失う 有志連合発表

ダーイシュがシリア・イラク支配地の95%失う 有志連合発表

© REUTERS / Erik De Castro
中東
短縮 URL
0 52
でフォローする

米主導の有志連合は15日、国際テロ組織「ダーイシュ(イスラム国、IS)」が2014年以来イラク、シリア両国内の支配地のうち95%を失ったと発表した。AFPが伝えた。

スプートニク日本

有志連合の米国特使を務めるブレット・マクガーク氏は、ヨルダンでの会合出席後の同日夜に出した声明で、「2014年に有志連合が組織されて以来、ダーイシュはイラクとシリアでかつて支配していた地域の95%を喪失した」と語った。また、これまでに750万人以上がダーイシュから解放されており、ダーイシュの財政は「過去最低水準」にあると述べた。さらに、マクガーク氏は、シリアへのダーイシュ外国人戦闘員の流入は「ほぼ停止」したとした。

関連ニュース

米国防総省、シリアから当面は撤退意志のない理由を説明

シリア、ラッカからの「ダーイシュ」戦闘員避難作戦に関する詳細が明らかになる

タグ
ISIS, シリア, イラク
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント