19:54 2020年01月22日
中東
短縮 URL
1120
でフォローする

イランのザリフ外相が、シリアでの状況解決に向けロシア・トルコ両国と協力していく意向を確認した。

スプートニク日本

ロシア爆撃機Tu−22M3、シリアのダーイシュ施設に攻撃
© Sputnik / Ministry of defence of the Russian Federation
ザリフ氏はツイッターで、「トルコ・ロシア両国とは、我々がシリアで達成した休戦状態の強化と、シリア人の間での包括的対話への準備に共に取り組んでいる」と述べた。

ロシア・イラン・トルコの3カ国による外相会談が19日、トルコ南部のアンタルヤで行われ、シリア危機解決がその議題となった。今回の会談は、22日にソチで開かれる、ロシア・イラン・トルコの3カ国首脳会談に先立つもの。

関連ニュース

シリア化学兵器調査 ロシアが日本案に拒否権

ダーイシュがシリア・イラク支配地の95%失う 有志連合発表

タグ
シリア, イラン, トルコ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント