11:58 2018年08月20日
「Su-33(スホーイ33)」

ロシア、艦上戦闘機2機種を初めて実戦投入

© Sputnik / Press service of the Northern Fleet/Andrey Luzik
中東
短縮 URL
1210

ロシア海軍は史上初めて、艦上戦闘機「Su-33(スホーイ33)」と「MiG-29K(ミグ29K)」をシリアでの軍事作戦に投入したと、2017年の海軍の戦闘準備を総括する会議で北方艦隊のエヴメノフ司令官が明らかにした。

スプートニク日本

エヴメノフ氏は、「ロシア海軍史上初めて、艦上戦闘機Su-33とMiG-29Kが軍事作戦に投入され、空母から発進しテロ集団の施設に対し航空兵器を使用した」と述べた。

「Su-33」は、スホーイ設計局がロシア海軍向けに開発したロシアの第4世代戦闘機。1998年に制式化された。生産された26機のうち4機が事故により失われている。現在、シリアでの軍事作戦に参加した空母「アドミラル・クズネツォフ」の飛行隊に10機が所属し、他の12機は北方艦隊の海軍航空隊基地に配備されている。

  • 艦上戦闘機「Su-33(スホーイ33)」
    艦上戦闘機「Su-33(スホーイ33)」
    © 写真 : Ministry of defence of the Russian Federation
  • 艦上戦闘機「Su-33(スホーイ33)」
    艦上戦闘機「Su-33(スホーイ33)」
    © Sputnik / Sergey Malgavko
  • 艦上戦闘機「Su-33(スホーイ33)」
    艦上戦闘機「Su-33(スホーイ33)」
    © Sputnik / Mikhail Fomichev
  • 「MiG-29K(ミグ29K)」
    「MiG-29K(ミグ29K)」
    © Sputnik / Anton Denisov
  • 「MiG-29K(ミグ29K)」
    「MiG-29K(ミグ29K)」
    © Sputnik / Dmitry Korobeinikov
  • 「MiG-29K(ミグ29K)」
    「MiG-29K(ミグ29K)」
    © Sputnik / Ruslan Krivobok
1 / 6
© 写真 : Ministry of defence of the Russian Federation
艦上戦闘機「Su-33(スホーイ33)」

「MiG-29K」は、第4世代のマルチロール機で、Su-33と比べてより軽量で小型である。2007年に採用された。インドからの大規模発注により、MiG-29Kは「4++」レベルまで近代化に成功している。

関連ニュース

露新型地対空ミサイル「S-500」、極超音速ミサイルも破壊可能

イラン大統領 シリア、イラクの「ダーイシュ(IS)」殲滅を宣言

タグ
武器・兵器, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント