12:52 2018年08月19日
サウジアラビア 汚職容疑の拘束者の95%が示談に合意

サウジアラビア 汚職容疑の拘束者の95%が示談に合意

© REUTERS / Bandar Algaloud/Courtesy of Saudi Royal Court
中東
短縮 URL
0 25

サウジアラビアで汚職などの容疑で拘束された王族や高級官僚のうちほぼ全員が示談による解決を希望した。ムハンマド・ビン・サルマン皇太子(ムハンマド皇太子)が米ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで明らかにした。

スプートニク日本

11月初め、ムハンマド皇太子率いる反汚職委員会は、王族や元大臣、軍人、企業経営者など約40人の身柄を拘束した。

サウジアラビア国内で始まった反汚職対策として行われた一次調査の結果、汚職や横領で約1千億ドルが流用されたことがわかった。

ムハンマド皇太子によると、拘束者全員に調査資料を提示し、裁判と示談のどちらかを選ばせたところ、拘束者の95%が後者に同意したという。

「(候補者のうち)約1%が無罪と判明し、容疑が取り下げられた。約4%は無罪を主張し、弁護士をつけて裁判で争う予定」と明かした。

検察の資料によれば、補償金支払いによる国庫収入は約1千億ドルに上る可能性があり、損失額とほぼ同額になるとされている。

関連ニュース

拘束のサウジ王子ら 拷問の報道

サウジ、201人を汚職拘束 計11兆円流用

タグ
サウジアラビア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント