22:32 2018年02月20日
東京+ 7°C
モスクワ-5°C
    イスラエル空軍がガザ報復攻撃 2人死亡

    イスラエル空軍がガザ報復攻撃 2人死亡

    © REUTERS/ Mohammed Salem
    中東
    短縮 URL
    0 09

    イスラエル空軍機9日未明、パレスチナ自治区ガザ地区からミサイルが発射されたことへの報復措置として、ガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織ハマスの標的に空爆した。ガザ当局は空爆でハマス戦闘員2人が死亡したと明らかにした。AFP通信が報じた。

    スプートニク日本

    先に、この空爆により、25人が負傷したと伝えられた。

    軍関係者は、「イスラエル空軍機2機がハマスの軍事施設と武器弾薬の大倉庫に攻撃した」と述べた。

    トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルを首都と認め、同地に米大使館を移転する決定を受けて、8日、パレスチナでは「怒りの日」が起きた。

    第1次インティファーダは1987年に始まり、1991年まで続いた。インティファーダは1994年のパレスチナ自治政府の設立により沈静化した。第2次インティファーダは2000年、リクード党首で当時の外相アリエル・シャロン氏が側近らとともにアル=アクサー・モスク(神殿の丘)に訪問した後に始まった。その後インティファーダは下火になったが、パレスチナとイスラエルの紛争地域の情勢は依然として不安定である。

    タグ
    パレスチナ, イスラエル
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント