09:52 2018年11月20日
フメイミム空軍基地

米軍の公式雑誌、シリアにおけるロシアの勝利を伝える

© 写真 : Press service of the Russian Defense Ministry
中東
短縮 URL
4342

米軍の雑誌Military Reviewは、「軍事的ならびに政治的行動の印象的な有効性、柔軟性、調整を備えた」ロシアは、シリアで勝利を収めたとの記事を掲載した。

スプートニク日本

記事では、ロシアは「ジュネーブ・プロセス(国連後援のシリア和平交渉)の独占権」と「米国の外交的主導権を打ち破る」ことに成功したと指摘されている。

グアムで米国の海軍
© REUTERS / Major Jeff Landis,USMC (Ret.)/Naval Base Guam/Handout
さらに、ロシアはサウジアラビアからイランまで地域のほぼすべての主要プレーヤーと生産的な関係を築くことができたとされている。

また、ロシアが活動を開始した後、その立場が「自分が有利なようにジュネーブ交渉への自身の参加条件を述べることができるほど高まった」シリアのアサド大統領は、権力を保持したと指摘されている。

関連ニュース

ロシアは兵器の質における上位に飛び出した=プーチン大統領

米主導の有志連合、民間人841人の死亡を認める イラク、シリア

タグ
武器・兵器, 米国, ロシア, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント