14:39 2018年08月17日
MDシステム

イスラエル、MDシステム発展のため最多の額を米から取得へ

© 写真 : Press Service of the IDF
中東
短縮 URL
2212

米国は多層ミサイル防衛(MD)システム配備でイスラエルを援助する。2018年、中東最大の同盟国イスラエルが様々なミサイル攻撃に対抗できるよう、米国はこの名目で7億500万ドル(約741億円)を費やす方針だ。イスラエルのリーベルマン国防相が明らかにした。

スプートニク日本

脅威として数10キロの射程を持つパレスチナやレバノンの兵器、大気圏外の迎撃を予定するイランのミサイルが挙げられている。

現在、MDシステムの資金は年間31億ドルのイスラエル軍事支援協定から出されている。

新たな覚書は2019年から2028年まで効力を持ち、ミサイル防衛に5億ドルなど毎年軍事費に38億ドルを拠出する。

関連ニュース

米国防総省、潜水艦用の低出力核弾頭開発に4850万ドルを要求-戦争への準備?

米国で軍事費の大幅な増額が発表される

タグ
武器・兵器, 軍事, 米国, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント