11:47 2020年12月04日
中東
短縮 URL
1219
でフォローする

2014年8月に対テロ軍事作戦が始まってから米国主導の有志連合がイラク及びシリアで行った攻撃で少なくとも855人が死亡した。有志連合が発表した。

スプートニク日本

有志連合の声明によると、犠牲者に関する522件の報告が今も調査されている。

米国とその同盟国は2014年8月からシリアとイラクでテロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」に対する作戦を行っているが、シリアではシリア政府の同意なしに活動している。

関連ニュース

米国主導の有志連合は、「ダーイシュ」指導者の追跡を続けている

シリアダマスカス近郊で爆撃 77人死亡

タグ
軍事, シリア, イラク, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント