06:41 2018年05月21日
東京+ 15°C
モスクワ+ 10°C
    東グータ

    ロシア、シリア上空の米国ドローンの飛行を阻止

    © AFP 2018 / Abdullah Hammam
    中東
    短縮 URL
    4262

    テレビ局NBCは、シリアの消息筋の情報として、ロシアがシリアの複数の地域の上空を米国のドローンが飛行するのを阻止していると報じた。消息筋によると、これは「シリアの東グータで化学兵器が使用されたとみられる一連の攻撃があった後」のことであり、「米国が攻撃に対して復讐すること」をロシアは懸念していると説明した。

    スプートニク日本

    先にトランプ米大統領は、化学兵器を使った攻撃を行ったとして非難されているシリアのアサド大統領を「動物」と呼び、2日以内に攻撃に対する米国の対応を決めると約束した。

    また、トランプ大統領は、化学兵器の使用に訴えた人物に対してなんらかの疑惑があるかとの記者団からの問いに「ない。彼ら(シリア政権)はこれ(化学兵器使用)に関与していない語っている。私としては一切の疑惑はないが、司令官らは全てを明らかにしている」と答え、「これがロシアであれ、シリアであれ、イランであれ、これらの国がそろって行ったのであれ、我々は明らかにする」と付け加えた。

    さらに、トランプ氏の発言を受けて、ロシアのネベンジャ国連大使は、米国はシリアに武力行使をした場合、手痛い目にあうと警告した。

    これより前、西側諸国は、東グータ地区ドゥーマで起きた化学兵器による攻撃をシリア政府によるものと決めつけた声明を表していた。これに対してロシアは、シリア軍は塩素爆弾を投下したとする情報を否定。ロシア外務省は、シリア軍が有毒物質を使用したとする情報の目的はテロリストを弁護し、外から行われうる武力攻撃を正当化するものとする声明を表した。

    ロシア軍参謀本部は3月13日の時点ですでに、東グータ-地区で武装戦闘員らによって、化学兵器使用を脚色した煽動が準備されている事実を公表しており、これが将来、シリア攻撃の口実に使われる可能性があると指摘していた。

    関連ニュース

    タグ
    化学兵器, ドナルド・トランプ, シリア, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント