00:31 2018年10月17日
化学兵器禁止機関(OPCW)

ロシア、シリアで化学兵器使用の事実見つけなかったが演出映像の「俳優」は発見 ハーグのOPCW執行理事会

© AFP 2018 / Lex van Lieshout
中東
短縮 URL
3421

ロシアはダマスカス近郊の東グータ地区ドゥーマで化学兵器が使用されたサインを見つけなかったが、「演出された映像撮影の参加者」は見つかった。ロシアのシュルギン化学兵器禁止機関(OPCW)代表が述べた。

スプートニク日本

シュルギン氏は16日、ハーグで開かれたOPCW執行理事会で、「私達の、強調したいところだが、国家的調査にもとづいて、私たちはドゥーマで化学兵器が使われたサインを一切見つけなかった。目撃者も、病院にいる中毒症状の人も、1人だって見つけることができなかった。化学兵器の残骸は一切発見されなかった。その代わり、化学兵器による攻撃の『証拠』として提出された演出された映像撮影の直接の参加者は見つけることができた」と述べた。発言のテキストはスプートニクが入手した。

関連ニュース

ドゥーマ化学兵器使用がでっち上げである無数の証拠がある=ロシア国防省【動画】

ダマスカスの住民が、ミサイル攻撃に関する自分たちの意見を述べる

タグ
化学兵器, 情報戦, 化学兵器禁止機関, シリア, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント