12:29 2018年05月27日
東京+ 22°C
モスクワ+ 11°C
    シリアにおける「化学兵器攻撃」の撮影に参加した少年がその詳細を語る【写真】

    シリアにおける「化学兵器攻撃」の撮影に参加した少年がその詳細を語る【写真・動画】

    © REUTERS / White Helmets/Reuters TV
    中東
    短縮 URL
    3381

    シリアの首都ダマスカス近郊の東グータ地区ドゥーマにおける化学兵器攻撃の「犠牲者」として民間防衛隊「ホワイトヘルメット」の動画で紹介されたシリア人の少年ハサン・ディアブ君が、撮影の詳細を明らかにした。

    スプートニク日本

    ディアブ君はテレビ局「ロシア24」の番組で「僕たちは地下にいた。ママは僕に今日は食べるものが何もないから明日になったら食べましょうと言った。外で叫び声が聞こえた。病院に行きなさいと叫んでいた。僕たちは病院に走った。病院に入ったとたんに僕はつかまえられて水をかけられた。その後、僕たちは他の人たちと一緒にベッドに寝かされた」と語った。

    テレビ局の従軍記者エヴゲーニー・ポッドゥブヌィイさんは「少年は食べるものが何もなかった。彼にはこの撮影に対して米、ナツメヤシの実、クッキーが提供された」と語った。

    シリアにおける「化学兵器攻撃」の撮影に参加した少年のコメント

    関連ニュース

    ロシア、シリアで化学兵器使用の事実見つけなかったが演出映像の「俳優」は発見 ハーグのOPCW執行理事会

    「ピンク・フロイド」のメンバーが痛烈批判 「ホワイト・ヘルメット」はフェイク組織

    タグ
    化学兵器, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント