02:53 2018年07月23日
パレスチナ ワシントンから駐米大使を召還

パレスチナ ワシントンから駐米大使を召還

© REUTERS / Mohammed Salem
中東
短縮 URL
0 111

パレスチナ自治共和国はワシントンに駐在させている大使を召還した。スプートニクがパレスチナ自治共和国外務省の声明を引用して報じたところによれば、この召還は米国がそれまでテルアビブにおいていた在イスラエル大使館をエルサレムに移設したことへの報復として取られた措置。

スプートニク日本

駐米パレスチナ大使は16日に本国へ帰還する。この召還について米国は一切のコメントを表していない。

15日にはトルコがワシントンとテルアビブから自国の大使を召還させており、同国のエルドアン大統領はイスラエルをテロ国家と名指しで非難し、イスラエルのパレスチナ人民への行為はジェノサイドであると断言した。
トルコもパレスチナもガザ地区で発生した衝突による犠牲者を悼んで、3日間の国喪を宣言している。

関連ニュース

ガザ抗議デモ パレスチナ人2800人けが、死者61人に

タグ
イスラエル, パレスチナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント