21:35 2018年12月19日
シリアのホムス

シリアのホムスでNATO加盟国で製造された武器が収納された倉庫が見つかる

© Sputnik / Mikhail Voskresenskiy
中東
短縮 URL
0 201

シリアにあるロシアの当事者和平センターとシリア軍が、武装勢力から解放されたシリア西部ホムス東部で、NATO加盟国で製造された武器が収納された倉庫を発見した。

スプートニク日本

アンドレイ・ネキペロフ大佐は「我々はホムスの居住地区ザアファランにあるテロ組織『アン=ヌスラ』の管理・監視所にいる。ここでは大量の防毒マスクや、対戦車ミサイルTOW2をはじめとした外国製の武器が見られる」と語った。

TOWは米国の対戦車誘導ミサイルで、1970年代に米軍に導入され、以来何度も改良されている。

また武装勢力から解放された地域では、爆発装置を製造するための武装勢力の地下工場、地医療施設を備えた地下トンネル、人質を収容するための部屋も発見されている。

工兵たちは、居住区の地雷除去を続けている。

関連ニュース

プーチン大統領 シリアのアサド大統領とソチで会談 ペスコフ報道官

タグ
化学兵器, NATO, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント