15:00 2018年12月11日
2018年4月に実施されたシリア空爆は、議会の承認を必要とするものではなかった。なぜなら、この問題は米国の国益に関わるからだ。米軍事専門メディア「ディフェンス・ニュース」が米司法省の報告書を引用して伝えた。

米国のシリア空爆、議会の承認を要するものではない=米司法省

© Fotolia / trekandphoto
中東
短縮 URL
2110

2018年4月に実施されたシリア空爆は、議会の承認を必要とするものではなかった。なぜなら、この問題は米国の国益に関わるからだ。米軍事専門メディア「ディフェンス・ニュース」が米司法省の報告書を引用して伝えた。

スプートニク日本

米司法省は金曜日、米軍によるシリア空爆を説明する22ページに及ぶ報告書を提示した。当報告書には、今回の空爆はシリアの安定化、壊滅的な人道的被害の防止、そしてシリア政府軍による化学兵器の使用の阻止に向けられていたものであると述べられている。

一方で、米司法省によるそのような説明は、議会の非難の嵐を招いた。米大統領は、「国益」という考えを軍事的抑圧の説明のために都合よく利用すれば、議会を回避することも可能であると、ティム・ケイン米上院議員が述べた。

米国、英国、フランスは4月14日、シリア政府の化学兵器関連施設を空爆した。ウラジーミル・プーチン露大統領はこの空爆を、主権国家への抑圧と位置付け、また露軍事専門家、及び現地住民が、空爆の口実となった化学兵器の使用事実を確認していないことを付け加えた。

関連ニュース

シリア当局、空軍基地への空爆報道を否定

タグ
ミサイル, シリア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント